2020年いよいよプログラミング教育が必修化! | 株式会社エル・ラーニング

2020年いよいよプログラミング教育が必修化!

2019.11.29

ご存じの通り来年度よりいよいよ小学校でのプログラミング教育がスタートします。
その様なこともあって今、プログラミング教室(塾)の数がここ5年で6倍に急増しています!そして2023年にはその倍以上の、1万1,127に達すると予測されています。
また子供向けプログラミング教室は、大きく2つに分けられます。
ロボット製作とプログラミングをかけあわせた「ロボット・プログラミング教室」と、プログラミング技術の習得に特化した「プログラミング教室」です。
どちらにも良し悪しがあると思いますがもし今、貴方のお子様をプログラミング教室に習わせる事を検討されているなら子供の将来の事を考えて、通わせる教室を慎重に選ぶ事をお勧めします。
 プログラミング教室を選ぶ時は、初心者でも学びやすいビジュアルプログラミング言語や、子供が興味を持ちやすいロボットを用いたプログラミングを学べる教室がおすすめです。まずは無料で体験できる教室などで実際に体験して決める事をおすすめします。
また家庭でプログラミングを学習しており、教室では本格的なプログラミングを学ばせたい保護者もいるでしょう。そのような場合は一般のプログラミング言語でコーディングする教室がおすすめです。またプログラミング教室の料金はけっして安くありません。なのでカリキュラムの違いを理解して、時間と価格についても検討することをおすすめします。
例えば、一般的なプログラミング教室では以下のような費用がかかります。
・入会金・授業料・教室運営費・教材費・パソコンレンタル費
また料金だけではなくその教室にはどの様なカリキュラムがあってどの様に子供達に教えるのか?が個人的には1番大切ポイントだと思います!
最近はメンターという位置付けで、学生が子供達に分らない所をフォローするというような教室もありますが、そもそも子供達が自立学習ができるのか?このようなことも考えながら、親子で通いやすい教室を選ぶ事をおすすめします。
当教室エル・ラーニングは、ロボットプログラミングを推奨しておりますが、なぜ当教室がロボットプログラミングを推奨しているのかについて少し説明させて頂きます。
ロボットプログラミングとは、装置やパソコンを動かす為の命令をプログラムといいますが、その命令を作る作業をプログラミングといいます。ロボットとは、そのプログラムによって動く電子部品(装置のこと)です。
ロボットプログラミングを学ぶ事におけるメリット
1.論理的思考が身に付く事。
ロボットをイメージ通りに動かす時、どんな命令が良いか考え、効率よく順序立て並べていく事で思考力を鍛えます。
2.問題解決能力が身に付く事。
ロボットがイメージ通り動かない時、原因を探し、修正し、動かしていく事で問題解決力を鍛えます。プログラミングとは違い、ロボットプログラミングの場合は、ソフトウェア側にも装置側にも問題(動かない原因が発生する)ので難しさが×2倍になりますがその分楽しさや学びも2倍になります。
3.想像力・創造力・21世紀スキルが身に付く事。
自由度の高いブロック、センサーや電子部品とプログラミングを組み合わせる事で、ゼロベースで考える力を養い無限の創造力を引き出します。
また21世紀型スキル、コミュニケーション能力やコラボレーション能力、プレゼンテーション能力などが自然に身に付いてきます。
ロボットって名前がついている事で結構、子供のおもちゃと皆さん誤解されがちなのですが、我々が使用しているロボットは決して子供達に与えるおもちゃではありません!
当教室のカリキュラムやロボットは、プログラミングの知識だけではなく、ロボット工学の分野で重要な知識であるセンシングや、ロボティクス、ソフトウェアなどの多様な分野を深く学んでもらう為の最高のIT教材なのです。
今の子供達の将来の不安はITスキルで解決できる!
「どのような仕事につけるのか不安」「将来収入があがる職につきたい」「やりたいことがない」 いま、日本では多くの若者がそう感じています。あなたのお子様が将来社会にでる頃にはどのようになっているのか?少し先の事を想像し理解すると、だんだんとプログラミングの必要性が見えてくるでしょう。
興味がわいてきた、もう少し深く知りたい方はぜひ当教室の無料体験にお子様と一緒にお越し下さいませ。

L・Learnig
Instagram
LINE

株式会社エル・ラーニング © 0. All Rights Reserved.

Powered by Drop in Design.